いろいろな脱毛方法

自宅で脱毛をするとき、カミソリではさまざまな不具合が出てしまいます。剃り残りがあったり、毛の根元部分を剃り切ることができずに、黒いぼつぼつのようなものが残ってしまうといった場合です。これらを避けるための方法として、脱毛ワックスやシートを利用するというやり方があります。これらは根毛の部分から根こそぎはぎとる脱毛方法なので、処理あとはキレイにすることができます。
脱毛ワックスやシートを使うときには、まず蒸しタオルなどを使ってとりたい部分の肌を温めます。皮膚をやわからくしたら同じく温めておいたワックスやシートを塗布し、固まったら一気に引き剥がします。うまくいけば根毛から引き抜きがされ、一度に広い範囲の脱毛ができます。ただし、これは想像すればわかりますがかなりの痛みが伴います。粘着力が強すぎると皮膚に傷がつくこともあり、最悪の場合内出血やかぶれ、腫れなどが起きてしまうこともあります。
もう一つ自宅でできる気軽な脱毛(?)方法として、「脱色」があります。黒く生えてくるムダ毛を白髪に近くなるほど脱色をすることで、肌の色に近くなるのでそのままにしておいても目立つことがなくなります。これは大変に便利な方法なのですが、毛自体はそのままの状態になるため、すぐに下から毛が延びてきて、黒い部分と脱色した部分がまだらになって見えてしまいます。
自宅用の脱毛方法はさまざまですが、どれも一長一短で完璧なものはありません。気になる人は、一度プロの手で脱毛を受けてみるとよいでしょう。